2017年11月22日

子育ての困り感を相談・情報交換したいママのための講座




入学、進学、サポートブック、ケース会議、学校への支援の提案、高校入試などを経験した先輩ママも参加するので
なんでも気軽に聞いてみてくださいね(^_-)-☆ 


Posted by Ikuyo Karashima at 11:08 | Comments(0) | 子育ての困った
 

2017年11月18日

~日南市~ 発達凸凹のある子どもたちの学びを助ける支援員を養成する講座 LSA養成講座!

みやざき子どもサポートリンク主催
スマイルクラブ協力

発達凸凹のある子どもたちを理解し支援するための講座
LSA養成講座本コース3回目があります(^^)/

3コマとも、映像講座です。

興味のあるコマだけの単受講希望の方もまだ間に合います(^^)/
一コマ1,500円です。
辛島まで、ご連絡ください 090-7155-0917
本

【受講生の感想】
・宮崎に居ながらにして最先端の内容が学べて毎回楽しみにしています。
・自分自身の子どもにあてはめながら、受講しています。かかわり方がためになります。
・情報を探していたので、毎回、受講するのがとても楽しみです。


会場:日南市創客創人センター
✨✨✨
◆1コマ目)10:30~12:30 
東京家政大学 守巧氏
幼稚園教諭として特別支援教育を10数年間実施後、大学において保育内(人間関係・環境)、保育相談支援実習などを担当。世界文化社 ワンダブック絵本編集委員 
研究分野・課題は、「乳幼児の発達支援」「巡回相談」「気になる子どもの保育的実施研究」 特別な配慮を要する子どもの実態調査も実施している。

サクラ
❖2コマ目 13:20~15:10
社会学者・就労支援者 
 高森 明氏
『社会的生きづらさ 
 ―ある当事者のライフヒストリーから見た学校と職場」
1975年エープリルフール生まれ。
現在はASD(自閉症スペクトラム障害)と診断されている。
『アスペルガー当事者が語る特別支援教育』(金子書房)
『漂流する発達障害の若者たち 開かれたセイフティーネット社会を』(ぶどう社)
などの自伝的著作がある。
最近は歴史社会学の観点から教育、労働、優生学と障害者の関係のあり方を問うような研究を開始している。

クローバー
❖3コマ目 15:20~17:00
(株)Kaien 鈴木慶太氏
『就職してから大切なこと 学齢期から身につけておきたいこと』
2000年 東京大学経済学部卒。NHKアナウンサーとして報道・制作を担当。
2007年からノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院留学、MBA取得。
渡米中、長男の診断を機に発達障がいの能力を活かしたビジネスモデルを研究。
帰国後、株式会社Kaienを創業、発達障害の方の強み・特性を生かした就職支援を
行っている。
大学生向けのプログラムや児童生徒向けも行っている。 


Posted by Ikuyo Karashima at 15:27 | Comments(0) | 子育て 支援 活動
 

2017年11月18日

youtube出演! チャンネル プチ・コパンに出演しました!!

ニコニコお友達のかっしーと、企画を立ち上げ、第1回目の会合をしました。
「 -EXPRESSION- 未来表現ラボ 」
・子どもへの想い
・自分の事
・活動に懸ける思い
・生き方
を未来志向で語り合う会です(^^)/

辛島も語ってます。
よろしければ、ご覧ください♪(^^)/

https://www.youtube.com/watch?v=5k1ibyFRemU&feature=youtu.be 


Posted by Ikuyo Karashima at 01:16 | Comments(0)
 

2017年11月01日

12月の茶話会はアロマdeクリスマス♪

スマイルクラブ12月の茶話会は

♪ 好評につきハート昨年に続いて~ ♫♫
「アロマ de Christmas ♪」

12月17日(日)13:00~15:00
会場:宮崎市男女共同参画センター ぱれっと
    〒880-0879 宮崎県宮崎市宮崎駅東3丁目6番7号
定員:10名(定員に達した時点で締め切らせていただきます)
参加費:1,000円(材料代・講師料含)
お問合せ・お申込: 辛島まで 090-7155-0917

サクラ講師の福ちゃんから一言サクラ
毎日、育児に家事に頑張っているママさんたちハート
今回は好きなアロマを使って、自分のためのオリジナル香水をつくりましょうキラキラ

クローバースマイルクラブ辛島からクローバー
Aromaの香りに癒されながら、楽しい時間を一緒に過ごしましょう。
子育てのお悩みもお聴きしますよ~スマイル

(写真は以前のアロマ講座の様子です)


 


Posted by Ikuyo Karashima at 13:50 | Comments(0) | 子育て 支援 活動
 

2017年11月01日

忘れ物について思うこと(^^)

こんにちは~晴れ
久々の更新です!

今日から11月ですね(^^)
朝晩はかなり冷え込んできました。
皆様、お元気でお過ごしでしょうか?

日中は暑いくらいの日差しで、洋服を決めるのが難しいですね・・・
うちの長男が小学生の頃は、朝ジャンパーやパーカーを着て学校に行くのですが、
日中は暑いから学校で脱いで忘れて帰ってくることがよくありました~(*^_^*)

今は笑い話で済まされますが、当時は上着に名札をつけっぱなしなものだから
朝「名札がナイ!!」とプチパニック(ノД`)・゜・。    
こんな時は、、、
こうしていました。

私)「どうしようか・・・」

息子)「怒られる。。怖い。。」

私)「怒られるのが怖いんだね。。でも、今ここに名札はないし。。。どうすれば怒られんやろか・・・」

息子)「先生から名札は!って言われる・・・」

私)「正直に学校に忘れたていえばいいわ」

息子)「でも絶対怒られるもん!」

私)「一緒に説明しようか」

息子)「学校まではついてこんでいい」

私)「お母さんが連絡欄に『名札を学校に上着と一緒に忘れたようです。すみません。』と書いて、
お便りでせつめいしようか?きっと担任の先生も怒らないが!」

息子)「うん。わかった。」

そして気を取り直して学校へ行く(^^)/♫


ま、だいたい、怒られることはないのですがね・・・

子どもは、忘れ物=怒られる=「嫌だ!怖い!」

となるからプチパニック起こすわけですよね。。。


忘れ物して困った経験するのも、失敗するのも、大事だと私は思ってて。
私的には、たくさん失敗してたくさん学べばいいと思ってて、、、
すごく熱心に時間割を一緒にしたり、朝の指差し点検をしたことはあまりなくて、
絶対ここは忘れ物だめよねって時(運動会とか、遠足とか、、、)や
確認してと子どもから頼んできたら確認してましたが。。。

正直、あまり、こどもに「いい子」を私は求めない主義で。
なんか、親の安心のためにあれこれ口出しするのも、好きじゃなくて。

私の立場は
忘れ物した時、失敗したとき、どうすればいいかを一緒に考えたり。
子どもが困ったときに、SOS出しやすい、言いやすい大人でいたいって想いだけでした。

そのうち、忘れたらいけないものを紙に書いて机の上に置くようになったり、、
手に書いて忘れないようにしたり、
中学生になると、全教科毎日持ち帰りしたり(中二の時に学校指定カバンが破れましたΣ(・ω・ノ)ノ!)
手帳を活用するようになったり、
玄関に一式置いて忘れんようにしたり、
取りに帰ってきたり、
いろいろアイデアが出るもんです。

きっと、私が忘れ物のことで子どもをガミガミ叱ったら、子どもは忘れ物したことを素直に話してくれなくなると思います。
そしたら一緒に考えたりすることもできなくなるので、それは寂しい事です。

だから、うちの子は忘れ物多いんです(笑)
でも、親子仲良く楽しく暮らしてます(^^)♡♡♡
なかなかスリリングで面白い毎日です~( ´艸`)(笑)

 


Posted by Ikuyo Karashima at 13:38 | Comments(0) | 子育て 支援 活動