仲間

2011年07月15日


子どもを育てる中で、仲間って大事だぁと思うハート

親も子も仲間がいるから、育ち合えるし、仲間がいるから、自分の至らなさも見えたりするオドロキ

失敗してもフォローしてくれる仲間、愚痴を聞いてくれる仲間、晴れみんなみんな、ありがたいハート親も子も出会いに感謝!!


長男は、勝負に対するこだわりがあって、負けることが大嫌いだった。

幼稚園年少のときはかけっこで負けるのが嫌で、スタートからゴールまで歩くし・・・

1年生のときは、鬼ごっこや尻尾取りゲームなど、つかまるのが嫌で参加しようとしなかった・・・

2年生のときは、お友達とラジコン競争して負け続ける事に我慢ならなくて、ラジコンを投げて壊したり・・・

負ける自分を認めたくなかったんだと思う。

負ける自分はだめだって思っていたのかな?

私のほうも、成功や勝ち体験にばかり目が行ってしまっていた。

そんな私も、失敗や負けを注目して認めることを心がけた。「負けて涙は出たけど、よく我慢したね。」

「勝ったり負けたりするモンね。」「失敗してもいいよ、お母さんも失敗を沢山してきた。」

「昨日の失敗と今日の失敗はここが違うね。」「負けたけど頑張れたじゃん」

勝負というのは、本当に狭い見方での判断価値感に左右されるものであることに気づけば

視野はどんどん広がって、それだけでは判断できない大事なことが世の中には沢山あることを知る。





いつごろから変わってきただろう・・・それは覚えていないけど

今は、勝負にあまりこだわらなくなった。

弟に「じゃんけんは勝ったり負けたりするものなんだよ。」って諭している長男ニコニコ
子どもって、早かれ遅かれ、成長するもんだ。

そして、周りに沢山のモデルがいれば、その分だけ学びも大きいんだと私は感じている。

だから仲間は必要だし、子ども集団のなかで育つことは大事だと思う。(無理して集団の中に入れるということではない)そのこに合った人数とか、環境はもちろん考慮した上でね花まる

そして心に、仲間っていいな、人っていいな、の種が植え付けられたら音符勝者敗者以外の概念で子どもなりに、仲間と関わりあう力が育っていくと思う。








同じカテゴリー(子供 子育て 気持ち)の記事
 NHKあさイチの特集 発達障害の子育てのリアル (2017-07-26 09:45)
 2017年7月8日(土)日南市「創客創人センター」    7月9日(日)宮崎市総合保健福祉センター にて講演会 (2017-06-27 17:00)
 NHK「発達障害」特番 & 札幌市制作のパンフレットスゴイですね! (2017-05-22 10:31)
 5月14日(日) 子育ておしゃべり会&リフレッシュアロマ講座 (2017-04-30 08:59)
 茶話会のご報告をば (2017-02-17 10:34)
 久しぶりの更新です (2017-02-16 11:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
 

削除
仲間
    コメント(0)