小中高生の自殺、10年連続「学校」原因トップも分析予定なし

2017年05月10日

小中高生の自殺、10年連続「学校」原因トップも分析予定なし
https://resemom.jp/article/2015/03/13/23499.html

この記事、皆さんどう思われますか?
なぜ、詳細な原因を分析しないのでしょう。
なぜ、子どもを育むための安全であるはずの学校が、こんな悲しい結果を生むのでしょう。

私は、命あっての教育だと思います。
学校は命を削ってまで行く場所ではないと思います。
学校に行かない事で、命を守っている場合もあると思います。
大人相手に声をあげる事の出来ない子供の自己防衛行動が「学校に行かない選択をすること」です。

子どものメンタルヘルスに関わることにもっと目を向けましょうと、かなり前から精神保健学会は警鐘を鳴らしています。
誰のための学校なのか。
誰のための安全なのか、誰のための安心なのか。
よく考えて行動したいと思います。


【記事内容より抜粋】
平成26年の自殺者の2.1%は未成年であることが、警察庁が3月12日に発表した「平成26年中における自殺の状況」から明らかになった。原因・動機では「学校問題」がもっとも多く、19歳までの男では4割にものぼった。




Posted by Ikuyo Karashima at 22:14 | Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
 

削除
小中高生の自殺、10年連続「学校」原因トップも分析予定なし
    コメント(0)