2019年08月12日

チャレンジは、前に進む気持ち

メロメロつい先日、とてもうれしいことがありました!!

会員さんから、「辛島さん、こういう企画をしたいんだけど、できるでしょうか。是非、宮崎でしたいんです。」



(^^)スマイルクラブの会員さんで、長いおつきあい。

お子さんのことを真剣に愛情深く考えて、頑張ってらっしゃるのを知っているので、内容を聴かせてもらい

「全力でサポートするよ!!」
と答えました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

企画は団体で進めるのが一番なので、今年度はしっかり情報を集めて企画を練って、総会で議案に挙げて、

是非、実現に向けて動きましょう\(^o^)/ということになりました。

実行委員長は、もちろん発案者ですスマイル

チャレンジすることは、気持ちが前に前にと向き始めているということ(^^)

だから、その方の行動が私はとっても嬉しかったですハート


スマイルクラブは困り感に寄り添うサークルですが、

困っている=弱い存在ではないですよ。

困っているからこそ、どうにかしたい!

このままじゃいけない、何かを変える必要がある。

当事者(親)は、そういう想いやアイデアやその必要性を誰よりも強く持っていると思います。

一歩踏み出したい、変えたい、行動したい。

そんなワクワクすることもできるサークル(^^)、いいですよこれは!!


会員のチャレンジを応援できる~ハート

チャレンジしたいことを話し合える関係(^^)楽しめる関係♪

子どもたちのために協力してアイデア出していきましょうね。

そのための仲間です♪♪♪






 


 

2019年04月06日

2019年度総会後 午後からはフリー交流会です(^^)/ 




会員の皆様、日頃よりスマイルクラブの活動に御協力ありがとうございます
スマイルクラブはボランティア団体で、役員も会員の皆様もお仕事や家事の合間に集まって
活動しています(^^)/

なので、無理はしない☕

それが、長続きの秘訣

会員の皆さんとの出逢いや、情報交換、子育て先輩のお話し、育児のコツ(^^)

などなど、そんな交流が楽しくて2011年~~ボチボチ続けています。


さて、さて、
4月13日(土)はスマイルクラブ総会☕です。
会員の皆様には往復はがきで、ご案内と委任状を郵送させていただきましたよ~(^^♪


んで、
総会後、午後12時半~15時半はフリー交流会です☕
会員はお弁当がでます。
非会員さんも、お昼持参で参加されてもOKだし、
済ませてこられてもOKOK牧場です(^^)/


場所は、宮崎市男女共同参画センターパレット 講習室1です

スマイルクラブご入会について、情報交換、お悩み相談
なんでも大丈夫(^^) お気軽に遊びに来てくださいね

すでに3~4名のお申込いただいています。
相談も無料でできますので、お気軽に。
申し込み無しで、当日参加も歓迎です




 


Posted by Ikuyo Karashima at 00:20 | Comments(0) | 子供 子育て 気持ち
 

2019年03月28日

31年度会員募集します





スマイルクラブは子育てに困り感のある親子のボランティアサークルです
サクラ2019年度の新規会員さん募集中サクラ

【活動内容】
・毎月1回あつまって活動 茶話会や勉強会
・月ごとにテーマを決めています
奇数月:不登校
偶数月:自閉症スペクトラム・LD(学習障害)・特別支援教育 

2018年度の活動実績
りんご勉強会
・県スクールソーシャルワーカー 「SSWとは・不登校・特別支援教育・保護者支援について」
・宮崎市教育委員会「宮崎市の特別支援教育の現状と課題  ~不登校・適応支援教室の現状にもふれて~」
・宮崎県教育委員会「宮崎県の特別支援教育の現状と課題  ~県立高校の特別支援教育にもふれて~」
・都城市ポン太クラブ 外山明美代表 息子さんの成長の記録とポン太クラブの歴史 講話
・辛島 「基本のサポートブック講座 ~情報の整理から先生へお渡しする際のポイント・取り扱いの注意~」

コーヒー茶話会
・おしゃべり茶話会 なんでも話を持ち寄る場所

スマイル入会希望の方はメールにてお問い合わせください
折り返し入会案内を送信させていただきます
体験したい方・直接説明を聴きたい方 : 4月13日(土)13時~ 宮崎市男女共同参画センターパレットにお越しくださいニコニコ
総会終了後の交流会をしていますので、入会された方には、総会資料や年間計画をお渡しできます(^^)/


〇入会金       1,000円(初年度のみ)
〇正会員年会費   3,600円 
〇賛助会員年会費 2,000円

クローバー正会員:子育て中の保護者で会の趣旨に賛同する者
★茶話会・勉強会無料
★スマイルクラブ情報メールの送信
★総会議決権あり


クローバー賛助会員:会の趣旨に賛同し入会を希望する者
★スマイルクラブ情報メールの送信
★総会議決権なし 


 

2019年01月28日

2月10日(日) 発達凸凹をナチュラルにサポートする学習支援の講座あります

こんばんは!
インフルエンザ叫びが猛威を振るっていますね。。。
私はここ6年程罹っていないので、今回も何とか罹らずに済ませたいと思っています(^^)


さて、
2月10日(日)発達凸凹の子ども達をナチュラルに支援する学習支援員養成講座一般公開
お問い合わせ、お申込ありがとうございます(^^)

講師の先生方を順に紹介していこうと思います。
今回は川越先生。

川越先生は、もう10年以上のお付き合いになります。
とにかくあたたかく、熱く、そして鋭く子どもを観て、アセスメントし膨大な創意工夫でとことん子どもを伸ばす道すじを探ってくださる先生です。
私は川越先生の言葉で忘れられない宝物の一言があるのです。。。
私が子供時代に出逢いたかった先生です。

保護者・医療・福祉・教育、どなたでも参加できます(^^)
詳しくはチラシをご参照ください。→こちら



講演1 10:00-12:00

川越 雅彦 氏

・日南市立油津小学校教諭 
・特別支援教育コーディネーター
・串間市就学指導委員
宮崎大学教育学部発達心理学専攻
宮崎大学教職大学院生徒指導教育相談コース専修

「どの子も大切にされなければならない。一人の例外もなく。」を合言葉に教育活動を行っている。
新卒1年目に学級崩壊を経験し、教育研究団体TOSSと出会い教師修行をスタートさせる。
「なんでできないんだ!」「何回言えばわかるんだ!」と怒鳴って子どものせいにしていた無知の自分…
今でも、これまでの経験や常識が通用しない子どもに出会うこともある。
何をやっても駄目で、苦しむこともある。「万策尽きるまで」恩師にいただいた言葉である。
教師の無知によって傷つけられてきた数多くの困っている子を見捨てることなく、子どもを信じて、やり抜く。
学び続けることが子どもの教師の笑顔につながる。
毎月、教師仲間・保護者と共に自主サークルを開催して15年になる。 


 

2019年01月21日

学習障害ってなんだろう



学習障害を
 知っていますか?

学習障害とは、知的な遅れや視聴覚の障害がなく、教育環境も整っておりまた本人の努力にも問題がないにもかかわらず、「読み書き」や「計算」など特定の領域で学習の遅れがみられる状態を指します。また、文部科学省の定義では、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」「推論する」のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態とされています。

(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所知的障害研究部 稲垣真澄/2016年7月QA委員改変)




奈良県在住の松谷くんは、5年生(当時)の時に夏休みの自由研究で、
自分の学習障害について調べました。

それまでは、

「みんなと同じように、読んだり、書いたりできなくて、自分にはずっと価値がないと思っていた。」

「学校の授業を聴いたり、ノートをとるのに疲れ果てヘトヘトになって帰ってきて、電柱にぶつかったこともある。」


家族も熱心に協力してくれたり、自分でも努力してきましたが、
5年生になり、学校での勉強量も多くなってきて、どうしようもなくなり途方に暮れていたそうです。



そんな、彼、
現在は高校2年生、県立の工業高校に通っています。


彼が、学ぶ意欲を失くさなかったのはなぜか?
彼が、学校で活用しているものはなんでしょうか?


松谷知直君5年生の時のTEDプレゼン観てください。
読み書きの苦手なお子さんがいらっしゃる保護者の方
お子さんと一緒に、観てください↓

コチラ
 


Posted by Ikuyo Karashima at 14:44 | Comments(0) | 子供 子育て 気持ち