2018年08月01日

8月5日(日)発達凸凹子ども達を支援するための講座 お申込、間に合います!


皆さんこんにちは、今日は台風の影響で、登校日がお休みになったところも多いのではないでしょうか?

一昨日・昨日と雨の降り方が尋常ではない☂ですもんね。
気を付けましょう!

さて、辛島が代表理事を務めさせていただいている「みやざき子どもサポートリンク」のお知らせを
させてくださいm(__)m

発達凸凹の子ども達の支援員を養成する学習支援員(LSA)養成講座を開催します(^^)/
興味関心のある一コマから、受講できます

第1回目は、
「LD疑似体験」
「特別支援教育支援員の現状と課題」
「当事者の話」
「LSAを受けた方の手記紹介」
「LSAを受けて日常の子育てに生かした話」
となっています。詳細は下のスケジュールリンクを参照ください。
★スケジュールはコチラから(クリック)

お申込は、みやざき子どもサポートリンクのの講座お申込フォームより(^^)どうぞ!
★お申し込みフォームはコチラ


インターネットが使用できない環境の方は、お電話でのお問い合わせも受付けています。
【お問合わせ】  辛島育代 090-7155-0917


辛島は、2010年、長男が5年生の時にこの講座に出逢いました。目からウロコ!
長男の行動の理由や特性を知ることができ、向き合い方が180度変わりました。
困っているのは子どもだ!と腑に落ちたのです。
子どもの見方も変わり、ココロのストライクゾーンも広がりました。
「知る」ことって大事だ! と痛感しました。

身近な大人に理解されること、寄り添ってもらえることは、子どもの安心感につながります。
大人が腑に落ちていると、無理して子どもに合わせたり、子どもに無理を強いることがなくなります。
それによって子どもがどう変化したか、、、
そんな話を第1回の講座「LSAを受けて日常の子育てに生かした話」として
辛島の経験も30分程、お話しさせていただきます。

お申込、お問い合わせ、お待ちしています(^^)/



 


Posted by Ikuyo Karashima at 11:27 | Comments(0) | 子育て 支援 活動
 

2018年07月31日

デモクラティックスクールってなあに?(報告編)



皆さんこんにちは!お元気ですか?
暑中お見舞い申し上げます。

しかしながら、ここ数日は、さまよえる台風のせいで、雲が多く気温は低いですね。
雲が低く、時折スコールのように雨が降ったかと思えば、短時間で止む☂この繰り返しですね~
ヘンな進路の台風・・・しかも7月に沢山の台風が発生しているので、今年の夏のお天気・・・心配です~

さて、さて、7月21日のご報告をしていませんでした(>_<)
振り返りを兼ねて、以下、ご報告です。


7月21日 宮崎市民プラザ☕
9名の参加でした✨

ゲストは、「デモクラティクスクールにじのりずむ」スタッフの西村さんハート
デモクラティックスクールって何かというと、
子どもたちが学びたいことを、学びたいときに、スクールのスタッフと子どもがミーティングをしながら
学び進めていくスクール。(西村さん間違ってたら教えてくださいね!(・∀・))

そのスクールでは、
子どもは自分で学び、成長することができると信じられている✨。

そのスクールでは、
どんな年齢であっても、どんな経験を積んでいても、子どもも大人も同じように一人の人間として大事にされる。

そのスクールでは、
大人のスタッフは教えこんだり、指導、指示、指図、規制することはない。

そのスクールでは、
既存の学校のように、時間割もチャイムもテストも宿題も教科書もない。





あらかじめ決められたカリキュラムを提供されて、それを消化していくやり方の既存の学校とは、

真逆だ。


もちろん、



どちらがいい悪いではなく、



その人がその人に合ったやり方で学べばいいのです。(^^♪




日本では2016年12月7日に、


「教育機会確保法」が成立しています。
■「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」




教育って、


公教育の場だけではなく

様々な考え方があり

いろんな場所があり

いろんなカラーがあって、、、


いいよね(^^)。



そもそも、人間の能力は多様なので、


多様な教育の選択肢があって


それを選ぶことができる。っていうのは、


何も特別のことではなくて、


当たり前だな~って、私は思いますスマイル




☕この日の茶話会はいろんな話題が出ました(^^)

不登校、行き渋り、自閉症スペクトラム、感覚過敏、ホームスクーリング、ICT教育、LD、高卒検定、大学受験、
場面緘黙、親子のコミュニケーション等々。

私も毎回参加者の一人なのですが、

なんか今回はわたくし、夫婦関係の事を話してましたね(笑)(-_-;)…

皆さんに聴いて欲しかったんだと思います(^ω^)皆聴いてくれてありがとう❗



こんな感じの毎回どんな話が出るかわからない茶話会ですが、参加者募集中です(^^)/

会員でなくても、参加できます。

会員も募集しておりま~す✨


 


Posted by Ikuyo Karashima at 15:44 | Comments(0) | 子育て 支援 活動
 

2018年07月17日

7月21日(土) スマイルクラブ茶話会 デモクラティックスクールってなあに?




子どもの困り感について、ざっくばらんにお話しする、スマイルクラブ茶話会☕
次回は 7月21日(土)10時~12時 
宮崎市民プラザ3階市民活動センター中会議コーナーで 行います(^^)
今回は不登校や学校への行き渋り、等のお子さまの困り感をお持ちの方向けです。

会員でなくても参加できますので、ご紹介も歓迎です

会員 無料
非会員 300円(お茶・お菓子代)

今週末のスマイルクラブ茶話会はゲストをお招きしています。
デモクラティックスクールのスタッフNさんです(^^)/✨
既存の学校以外の学びの場所について、デモクラティックスクールについて
Nさんの子どもと教育に関する想いなどスマイル
いろいろお聞きしましょう。

晴れスマイルクラブ茶話会は、お子さまの困り感について、
親の困感、心配事について、語り合う場です☕
困っている事や、誰かに聞いてほしい事、もやもやしている想いを、話す(一旦「手放す」)事で
気持ちの整理ができたり、少し違った角度で見ることができたりするものです。

お申込は当日朝まで受け付けています。
連絡は辛島まで(^^)/ 090-7155-0917





 


Posted by Ikuyo Karashima at 17:01 | Comments(0) | 子育て 支援 活動
 

2018年07月09日

発達凸凹の子ども達への関わり方講座あります


今年も、「学習支援員養成講座」開講します。

         
 宮崎会場主催 みやざき子どもサポートリンク  協働 認定NPO法人エッジ  
 協力 スマイルクラブ  後援 宮崎県教育委員会・宮崎市教育委員会
      
 
発達の凸凹がある児童生徒は、日々目に見えない壁にぶつかっていますが、周囲の適切なサポートにより自分で学んでいく力を身に付けることができます。
子どもたちが何に困っているのか、その原因は何か、どのような手助けをすればよいのかを学べる講座です。

宮崎では今年度で8期目になります。
辛島は2015年から、宮崎会場運営に関わらせていただき今年4年目です。
どんなことでも、お気軽にお問い合わせくださいね(^^)/

修了生は、現役スクールサポータ、就労移行支援事業所、放課後等デイサービス、学習塾経営、児童クラブ指導員、高校教員、
スクールカウンセラー、保健師、看護師、作業療法士、社会保健福祉士など、様々な職業の方が受講されています。
また、保護者の受講も多いです。
保護者の方は、家庭でのお子さんとの関わり方、困った行動の理由を知りたい、家庭の環境を整えるために学びたい。
という声が多く聞かれます。




【例年宮崎では次のような方が受講されています】
・放課後等児童デイ職員
・スクールカウンセラー
・スクールソーシャルワーカー
・スクールサポーター
・教職員(小学校・中学校・大学)
・幼稚園教諭
・保育園教諭
・保健師
・看護師
・作業療法士
・保護者
・専門学校生
・介護士
・子どもに関わる相談員


【受講の流れ】
まずは入門コースで、基礎的な知識を学びます。
(e―learningのためネット接続でき、映像が視聴できる環境が必要です)
申込み:NPO法人エッジHP コチラ
    ↓
宮崎の会場本コース
・宮崎の現状に合った宮崎県や市の教育委員会、宮崎大学教授を、講師にお迎えしますスマイル

※クリックすると詳しい内容が表示されます
学習支援員宮崎会場本コース 実施要領
宮崎会場本コース 全体スケジュール

修了され、テストに合格されると修了証・ライセンスIDを発行します。
※欠席された場合、全体の1/3以内であれば、補講制度があります(補講:1コマ1,000円)


宮崎市会場 2018年8月5日(日)~2019年3月16日(土)
全 8 回、うち3回はネット配信でご自宅で受講できます(^^)/


会場:清武文化会館・宮崎市民活動センター・宮崎文化ホールなど
お申込フォームはコチラ

※お問い合わせは辛島まで:090-7155-0917    メール:happytime7772525@gmail.com
 


Posted by Ikuyo Karashima at 17:19 | Comments(0) | 子育て 支援 活動
 

2018年06月17日

6月16日のスマイルクラブ勉強会終わりました

皆さんこんにちは(^^)/

昨日は、スマイルクラブ勉強会でした。
県庁出前講座の制度を活用させていただきました(^^)

テーマは「みんなで支え合う共生社会をめざす特別支援教育」

講師は、宮崎県教育庁特別支援教育課 指導主事 井上秀和先生
お忙しい中、広いテーマのお願いにも関わらず快くお引き受けいただきありがとうございました!


1、近年の特別支援教育に関する動向
2、特別支援学校の学びの実際と卒業後の進路
3、県立高校における特別支援教育の取組
とても詳しい資料を作成してくださり、歴史的な背景や国際的な障害分類、障害者権利条約についても
わかりやすくご講義いただきました。

・平成28年度公立高等学校入学選抜における「障害のある生徒」に対する配慮を行っている学校数(文科省調査)
・大学入試センター試験における受験特別措置
・平成30年度より義務化された個別の支援計画書について
・小学校、中学校の学習指導要領について
・特別支援学校の教育課程の編成について
・宮崎県の高校入試制度の配慮の実際
・宮崎県の高等学校における「通級による指導」拠点校について

最新の内容をわかりやすく整理してご講義いただきました。
データも示して下さり、大学の講義を聴いているようで、とても濃い有意義な時間でした。
講座終了後も、保護者のお話に耳を傾けて下さった井上先生、心より感謝申し上げます、ありがとうございましたクローバー

【参加者の感想】
・合理的配慮と基礎的環境整備の理解ができた、とても分かりやすかった。
・特別支援学級も通級指導教室も年々設置が増えているので、しっかりと理解し指導に当たる先生の確保が急務だと思った。
・高等学校における通級指導の制度化がされ、保護者としては安心感がある。もっと広まってほしい。
・特別支援学校のこともしっかり知ることができたので良かった、親も情報収集することが大事だと思った。
・学校の中だけで問題を解決するのではなく、外の資源(SST・アンガーマネジメント等)も活用して社会全体で子どもを育てていけると、先生方の負担も軽減されるのではないかと思う。
・学校の先生方の激務を見ていると、教員の健康面のケアや配慮も必要だと思う。


スマイル高等学校における「通級による指導」は、障害のある子どもを持つ保護者にとっては朗報です。
小学校・中学校での支援が高校でも継続できること、多感な青年期にサポートを受けながら学ぶ環境が整うことで、成長に寄り添いながら、自立へとつながっていくことと思います。
医療、福祉、教育、行政、(就労となれば)就労支援や就労、等、たくさんの機関の関わりを持つ取り組みとなるでしょうから、コーディネーターの先生は大変かもしれませんが、少しづつ軌道にのり、効果が実証され、益々広く取り組まれていくことを願っています。
障がいがあっても、自分らしく社会の中で生きていく力を育てることにつながると思います。

H30年度から制度化されました、宮崎県は県内を7つのエリアに分けてそれぞれのエリアに1校~2校、合計8校で実施されています。

〇宮崎東高等学校(宮崎東諸県エリア)
〇日南振徳高等学校(南那珂エリア)
〇高鍋農業高等学校(西都児湯エリア)
〇飯野高等学校(西諸県エリア)
〇延岡高等学校(延岡西臼杵エリア)
〇高千穂高等学校(延岡西臼杵エリア)
〇日向工業高等学校(日向入郷エリア)



 


Posted by Ikuyo Karashima at 15:15 | Comments(0) | 子育て 支援 活動