青年・成人期の発達障害者の支援を考える

2012年05月28日

晴れいいお天気ですね。
昨日は、娘と私のメガネつくりにウサギイオンへ行き♪
午後からは、道の駅南郷にドライブしてきましたクルマ
海がきれいでピカピカとてもリフレッシュ~~~♪
自然の中は癒されます~~!!
大自然を目の前にすると、いま、目の前のことが一番大事に思えます(^^)
悩みや不安、恐れは、抱えていると大きく膨らみます。
目線を変える意味でも、自然の力で癒されてみたり、リフレッシュする場所に出かけたり、信頼できる相談相手に話してみましょう。


さてさて、
メロメロイベントのお知らせですピカピカ
山田さんも外山さんもエネルギッシュな勢いのある方です。私も参加してきますピカピカ

青年・成人期の発達障害者の支援を考える

ワークショップのご案内

「イイトコサガシ」in 鹿児島大学
発達障害に対する関心の高まりの中で、多くの人たちがこの問題に直面していることが明らかになっています。そして、それらの人々は、小・中・高の学齢期だけでなく高校卒業後や大学等への進学後にも適切な配慮や支援を必要としている場合も少なくありません。その一方で、どこで、どんな支援が受けられるのかもわからずに生活をしている人も多いと思われます。このような状況を考えると、所属機関や関係専門機関の取り組みがますます重要になってきます。

私たちは青年・成人期の発達障害のある人の支援の在り方を考えるきっかけを得ようと今回のワークショップを企画しました。ワークショップは、パネル・デスカッション(午前)とコミュニケーション能力向上プログラムの体験(午後)から構成されています。

午前中のパネル・ディスカッションの話題提供者は、ご本人も発達障害の当事者であり東京で発達障害者むけの語り合い場を組織している冠地情さん、熊本で発達障害の当事者会の運営に取り組み各地の情報に詳しい山田祐一さん、宮崎で発達障害のあるお子さんの母親として地域の療育活動の実践や当事者活動の支援を行っている外山明美さんです。全員が、発達障害の当事者またはその保護者であり、現状に即した実践的お話を聞けると思います。午後は、冠地情さんと山田祐一さんを講師として、東京の当事者会が実際に行っているコミュニケーション能力向上プログラムのワークショップを行う予定です。ぜひ御参加ください。

1. 期日: 平成24年6月16日(10:00~16:00)



2. プログラム

【午前】

9:15      受付開始

10:00~12:00 パネル・ディスカッション「発達障害のある青年期、成人期の支援の在り方を考える」



 話題提供者 (各20分ずつ)

  冠地 情(東京都成人発達障害当事者会「イイトコサガシ」)

    「イイトコサガシ」の活動とコミュニケーション能力向上プログラムの概要



  山田祐一(熊本県発達障害当事者会「Little bit」)

    外部機関による発達障害学生支援の意義と発達障害当事者会の誕生



外山明美(「ポン太クラブ」宮崎県都城市)

  ポン太クラブの活動の展開と青年期、成人期の支援の必要性



 司会:  肥後祥治(鹿児島大学教育学部)

【午後】

13:00~16:00

発達障害者のためのコミュニケーション能力向上プログラムのワークショップ

講師

 冠地 情(東京都成人発達障害当事者会「イイトコサガシ」)

山田祐一(熊本県発達障害当事者会「Little bit」)

 ※ここでは、3グループ(各8名)に分かれて、プログラムを体験してもらいます。



3. 参加費: 無料(ただし、アンケート等への協力をお願い致します)



4. 参加資格: 

① 年齢18歳以上で、発達障害の支援に関心のある方、または当事者の方。

② 大学等の教育関連機関において、発達障害者の支援等にかかわっていらっしゃる方。



5. 定員と申し込み方法

① パネル・ディスカッション(午前):150名

② コミュニケーション能力向上プログラムのワークショップ(午後):24名

  

別紙の申し込み用紙に必要事項を記載しFaxをするか、同様の情報をe-mailで下記に送信ください。なお、午後のプログラムの参加者は、定員オーバーした場合には、当事者とその支援者を優先させていただきます。午後のプログラムの参加の可否を折り返しご連絡する必要がありますので、午後のプログラムへの参加を希望される方は、連絡先を必ず明記してください。

【連絡先:肥後宛て】

FAX:099-285-7767 

e-mail:higosho@edu.kagoshima-u.ac.jp





講師の紹介

冠地 情:東京都成人発達障害当事者会「Communication Community・イイトコサガシ」を立ち上げて、全国各地でコミュニケーション能力向上のプログラムを実践・提案している。これらの活動は、テレビや新聞でも数多く取り上げられており、多くの注目を浴びている。

山田祐一:熊本県発達障害当事者会「Little bit」代表。障害学生パートナーシップネットワーク代表。保育士、教員免許、社会福祉士、精神保健福祉士など多彩な資格をもち、エネルギシュで日本をまたにかけての発達障害者の代弁権利擁護活動にも取り組んできた。

外山明美:宮崎県都城市で障害のある子どもと家族および関係者のための活動グループ「ポン太クラブ」を主催。学習会、交流会、子どもの学習支援等多彩な活動を展開。発達障害のある成人の当事者会の支援にも乗り出している。



主催および問い合わせ先:鹿児島大学教育学部

障害児教育学科 肥後祥治 

Tel & Fax: 099-285-7767

e-mail: higosho@edu.kagoshima-u.ac.jp









同じカテゴリー(フォーラム)の記事
 東京大学 DO-IT Japan 新規募集説明会(Zoom参加可)募集がはじまりました (2019-02-16 14:28)
 不登校だって大丈夫!多様な学びをみんなで考える  講演会&シンポジウム (2019-02-08 18:48)
 アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル&シンポジウム2016 (2016-04-23 08:54)
 沢山のお申し込み・お問い合わせありがとうございます (2015-09-23 10:11)
 「みやざき楠の会」ひきこもり回復プログラム (2015-02-13 10:41)
 新年度のイベント♪ (2013-04-05 23:14)

この記事へのコメント
いくよママさん♪こんばんは。。。
良い講演があるみたいですねェ~。。。
興味深々っす*^・^*
ラポール絆も基調講演会を行います♪

講師 熊谷良子先生 です♪

詳細は、すも~るパパのトップページをご覧ください☆
貴重なスペースありがとうございました♪
Posted by ☆すも~るパパ☆ at 2012年05月30日 21:14
すも~るパパさん、こんばんは!
わあ、熊谷先生、一度お話をお聞きしたいと思っていました!
情報ありがとうございまあす!!!

すも~るパパのページにいかなければ~~~☆
Posted by いくよママ at 2012年05月30日 21:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
 

削除
青年・成人期の発達障害者の支援を考える
    コメント(2)