2013年06月20日

新しい学びのカタチ

タブレットが学習障害児の未来を変える
6月19日放送のEテレ

http://www2.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2013-06/19.html

ニコニコ

視力が悪い方がメガネをかける。
足の悪い方が杖を使う。車いすを使う。
耳の聞こえが不自由な方が、補聴器を使う。

それと同じように、文字の読み書きや数字の読み書きに困難のある方がつかう補助具。
人生を豊かに幸福に生きるために、大切な補助具だとおもう。

今の学校では視力検査や内科検診などが行われ、異常が見つかれば受診を促す書類が配布されて学校に結果を伝えることになっている。
必要であれば、メガネの購入となるし、内科的疾患であれば治療が始まることになる。
それは、子供が教育を受けるにあたりベストな状態で学べるように。
しっかり、その子の能力を発揮できるように(^^)

これと同じようにLD・発達障害(自閉症スペクトラム障害)を考えたとき、
タブレット端末の利用も、至極当たり前の配慮であるとおもう。







同じカテゴリー(子育て 支援 活動)の記事
 最近、注目している人とフラッシュバック (2019-01-19 01:05)
 チャイルドラインみやざき NPO法人化10周年 おめでとうございます! (2019-01-13 01:22)
 今年も1年ありがとうございました&来年の計画(会員さん向け) (2018-12-21 11:40)
 2018年最後のスマイルクラブ茶話会でした(^^♪ (2018-12-16 11:14)
 12月の茶話会のお知らせ (2018-12-13 11:27)
 11月17日の茶話会 満席でした (2018-11-18 16:53)

Posted by Ikuyo Karashima  at 01:48 │Comments(0)子育て 支援 活動

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
新しい学びのカタチ
    コメント(0)