2022年06月13日

5月のスマイルクラブ座談会


5月29日(日)スマイルクラブ座談会
※コロナ禍で会場での飲食禁止なので、お茶とお菓子は持ち帰りとしましたスマイル

初めて参加の方が3名
会員が7名




初めての方もリラックスして沢山お話してくださいました。
「情報が沢山得られて、来てよかったです」 「お話しできて安心しました」
「皆さんいろいろな子育てがあって勉強になったり、ホッとしました」
と、嬉しい感想をいただきました。

【 内 容 の一部】
・学校の宿題について
・読み書きが苦手なようだ
・不登校について
・ホームスクーリングについて
・通信制高校について
・LDの理解が浸透しているイギリスの書籍の紹介
・大学進学について
・発達支援センターについて

いつも、あっという間の2時間です。
時間制限がなかったら、一日中しゃべっていられると思います((笑))
皆さん、またお会いして、お話しして元気になりましょうね


宮崎市男女共同参画センターパレット の会場をお借りしましたハート
いつも、ありがとうございますメロメロ  


Posted by Ikuyo Karashima at 22:48Comments(0)

2022年05月14日

スマイルクラブの総会は書面決議で開催しました



令和4年度 スマイルクラブ総会は書面決議で開催しました。
会員の皆さま、お忙しい中ご返信ありがとうございました。
過半数以上の承認をいただき、令和4年度の活動をスタートしますスマイル

GW明け、コロナ感染者が増えていますね。
茶話会は、5月の後半に予定しています。
決定次第、facebookやプログ、会員グループLINEでお知らせいたします。

宜しくお願い致します。



  


Posted by Ikuyo Karashima at 08:43Comments(0)子育て 支援 活動

2022年04月27日

メンバーさんのおススメ図書


本メンバーさんのおススメ図書を紹介しますコーヒー


『ぼくらの中の発達障害』青木省三 著






『時代が締め出すこころ』青木省三 著





クローバー本の帯にあるように「症状よりも〝生活〟」。この二冊はこの言葉に尽きます。
発達障害が何かを、特徴や症状で説明するのではなく、合わせなければならない社会の中でどんな困難を抱えることになるのかという視点で書かれています。
社会や時代の問題、障害についてや当事者が自分をどう捉えていくのかを考えさせられる本です。




『イラスト版 子どもの認知行動療法』
シリーズ①〜⑧
ドーン•ヒューブナー 著





子供用のセルフヘルプ用ガイドブックで、子供によくある問題(障害の有無に関わらず)を、子供自身がどう捉えたらよいのかを子供目線でユーモラスに教えてくれます。
絵本感覚で読み聞かせしながら、私自身も勉強になりました。子供に症状が出た時には、どうやって子供に伝えたら分かりやすいか、重い気持ちにならずに考えることができました。

サクラNさん、素晴らしい本をたくさんご紹介いただき、ありがとうございました。


  


Posted by Ikuyo Karashima at 00:39Comments(0)