ゆっくり考える時間

2017年01月08日

お茶しながら、ゆっくり考える時間、好きですか?

一人で海岸を散歩したり、思っている事を紙に書き出したり、一人でコーヒータイムする事、私はすごく好きです。

集中するとき、じっくり考えたいときは、一人がよくて、

集中しているときに、周りに人が居たり、話し声がしたり、TVが付いていたり・・・

というのは苦手です。

周りの音が大きく聞こえて、今でも、TVや音楽はボリューム小さくしたㇼ、消します。

話しかけられるとすぐに返事できなかったりします。




皆でワイワイ話すときのモードと、一人でじっくり考える時のモードと、切り替えれば全く問題ないですスマイル

でも、これは大人になってから気付きました。

子どもの頃は気が付きませんでした。


心がざわざわしたり、イライラしたり、落ち着かなかったり、気疲れしたり、疲れやすかったり。。。

じっくり考えたいときに、先生や親に指示を出されるのがすごく嫌だった。

自分のペースを乱されて、心がいつも焦っているように思っていました。

モヤモヤ・イライラ、ネガティブな昇華されない気持ち。    だったと思います。


それって、「自分だけ」「できない自分が悪いんだ」

「周りに合わせないといけないんだ」「みんなできているんだから」

とも思っていました。


ニコニコでも、大人になった今は、

同じような想いを抱えていた人が実は周りにたくさんいて

【マイペース】で周りを気にしないで自分らしく生きている人にも出会ってきて、

ようやく「自分の感じ方って変じゃなかったんだ」「これでいいのだ」 と思えるようになりました。



子ども時代って、言えなかったんですよね・・・

ボキャブラリーも少なくて、上手く表現できるかなんて自信もないし・・・

ホントの気持ち言ったら、「できない」とか言ったら叱られそうで、批判されそうで、指導されそうで・・・



感覚の過敏さや、感受性は、子どもの頃にはなかなか上手に言葉で表現できません。

聴いてくれる人、理解者に出会えなくて心に貯めたままだったら、相当ストレスフルな状態です。

過剰な心の負担が身体的な症状や、思考の鈍り、意欲の低下、に結びつく事は誰もがご存知の通りです。


産業界でも2015年から従業員50人以上の事業所を対象に、ストレスチェック制度が義務付けられました。

メンタルケアは、体のケアと同様に大切なものです。

体が怪我をして出血したら手当てが必要な事と同じで、心が傷ついた時や弱った時には手当することが必要です。



慢性的な心の負担が「登校しぶり」や「不適応」につながる場合もあります。

それらについては、また次回。書きます。






同じカテゴリー(子供 子育て 気持ち)の記事
 NHK「発達障害」特番 & 札幌市制作のパンフレットスゴイですね! (2017-05-22 10:31)
 5月14日(日) 子育ておしゃべり会&リフレッシュアロマ講座 (2017-04-30 08:59)
 茶話会のご報告をば (2017-02-17 10:34)
 久しぶりの更新です (2017-02-16 11:23)
 大事にしてる言葉 (2017-01-07 11:28)
 冬休みの宿題 (2016-12-28 15:54)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
 

<?=$this->translate->_('削除')?>
ゆっくり考える時間
    コメント(0)