おまたせしてます

2011年12月20日



前回に続き 「共生社会を目指した学校・地域づくり」フォーラム報告

とても、素敵な歌とエイサーが終わり。。。
優しそうな先生方が壇上に上がられました。
パネルディスカッションが始まりました。


日南市立北郷保育所の湯浅保育士

都城市立高崎小学校板坂教諭

日南市立榎原中学校谷口教諭

私立日南学園高等学校岩切教諭

進行は、くろしお支援学校の肱岡先生でしたニコニコ

湯浅先生は、きめ細やかな保育上の支援や工夫を紹介されました。
北郷保育所では10年前から支援学校のコーディネーターや心理士の先生を招いて、アドバイスを取り入れてらっしゃたそうです拍手ハート子ども目線で、愛情たっぷり子供たちがはぐくまれているのが想像できました。
できないところは、丁寧に一つづつ、1対1で教えていく姿勢が大事だとおっしゃられました。

板坂先生は支援の必要な子どもの問題点をきめ細かく書き出すシートを使って、支援の必要な子どもの立場で具体策を立てることを紹介されました。
すごいと思ったのは!支援した事項に対してアセスメントされ、好転した場合は→次に起こりうる困難を想定して計画
   変化なし、もしくは悪化した場合は→原因の分析と再度支援計画の練り直し
をされていることです。感動しました。

谷口先生は、教師生活の中での実体験をもとに話され、保護者との信頼関係、子供に対する愛情がひしひしと伝わってきました。
現在は学校に支援クラスが設置されてはいないが、支援を必要とする子供さんには、個別支援計画を立てられる際に保護者も交えて計画と振り返りをされているということでした。
保護者も含めてメロメロアップ素晴らしいことです。

岩切先生は、学校の概要や特別支援教室のカリキュラム、教育の体制、など具体的に説明されました。
入学前に中学校に様子を見に行かれたり、保護者の了承を得て生徒の様子を記入してもらって事前情報を得たり
就業後も会社と連絡を取り様子を見に行ったりと、とてもきめ細やかに関わっていらっしゃるのだなあと感じました。

実際の教室での様子で、生徒との会話のエピソードが微笑ましかったです。
生徒が教室のネットで車のエンジンの音を聞かせてくれ、「先生なんの車かわかる?」とたずねてきたそうです。岩切先生は「わからない・・・」と答えると
生徒が「この音は〇〇(車の車種)だよ。」と、エンジン音だけで車の車種がわかるんです、すごいんです。
と話されました。
生徒が自分の得意なことを話し合えるという、先生との良好な関係性が感じ取れましたハート
自分の得意分野を認めてくれる、聴いてくれる大人の存在って大事です。


前を向いて進んでらっしゃる学校の先生方、とても尊敬します。
現に学校でも新しい取り組みがどんどん始まっています。ありがたいことです。
私たち保護者も、さらに家庭環境を整えて子供の育ちをサポートしなければと考えました。
日常の中の会話や態度、親の姿勢って、身近なモデルですからねりんご

沢山の学びを与えてくださったフォーラム関係者の方々に感謝ハート感謝ハートです




同じカテゴリー(講演会)の記事
 発達障害の子どもの支援 LSA講座@ご報告3 算数・数学編 (2019-02-12 22:25)
 発達障害の子どもの支援 LSA講座@ご報告2 (2019-02-11 22:38)
 ☆~資料準備~☆   (2019-02-05 14:42)
 発達凸凹をナチュラルにサポートする支援者講座 講師紹介その3 (2019-01-31 00:23)
 発達凸凹をナチュラルにサポートする支援者講座 講師紹介その2 (2019-01-30 07:49)
 講演会のお知らせ 「自閉症とADHDの特性と支援・環境設定」 (2018-08-21 00:49)

Posted by Ikuyo Karashima at 13:46 | Comments(0) | 講演会
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
 

削除
おまたせしてます
    コメント(0)