ポン太クラブさんの勉強会に参加してきました

2012年10月10日

9月28日、都城のポン太クラブさんの勉強会に参加してきましたクルマ
元気っ子の日だったのでメンバーの皆、学生さんに片付けや公民館の戸締りなどの協力していただけて助かりました☆ありがとうございました。


N・S君(19歳)アスペルガー症候群の診断
母親より幼少期から就労して現在に至るまでの話をされる



<講話を聴いて感じたこと>
S君の母は、小学校~高校までの通知表までもってきて見せてくださったピカピカ
コメント欄の先生との細かなやりとり一つ一つを見ると、トラブルにとても丁寧に関わってこられたことが伝わってきた。
まず、すぐに学校の担任と連携をとることが大事だとおっしゃっていた。
親の相談する力、担任と良い関係を作るコミュニケーション力が大事だと感じた。
ただ、苦労されたのは小学校4年生まで、支援学級だけで過ごしていたため集団への適応が遅れたこと。
45分間のテストを受けることの認識も遅れて、大変だったと当時を振り返っておられた。
しかし、小学校5年生の時担任が交流級を積極的に進められたおかげで、テストを最後まで受ける力や、大人数の中で、集中して問題に取り組む力がついたと言っておられた。


心に残ったのは、就労を早期から考えられて高校1年の夏休みからアルバイトをする体験をさせておられたことだ、仕事をしてお金を稼ぐという経験は学校では経験できない。
将来を見据えて、家庭や地域、親の職場などでこのような経験をさせることが社会参加への一歩だと感じた。
家庭では、スモールステップを踏んだお手伝いが最も身近で、取り組みやすいと思った。
スマイルクラブメンバーさんの、家庭でのお手伝いの実際を今後の茶話会で伺っていきたい。
                                               
10月10日のおしゃべり会で報告して、皆で話し合えたらとおもっています。



同じカテゴリー(講演会)の記事
 多様な子育て支援について知ろう!いろいろ情報フェスタ!10月27日 出展ブースさん増えました♪ (2019-10-18 18:20)
 ままのてさんの おとな講座を担当させていただきました (2019-09-19 00:15)
 発達障害の子どもの支援 LSA講座@ご報告3 算数・数学編 (2019-02-12 22:25)
 発達障害の子どもの支援 LSA講座@ご報告2 (2019-02-11 22:38)
 ☆~資料準備~☆   (2019-02-05 14:42)
 発達凸凹をナチュラルにサポートする支援者講座 講師紹介その3 (2019-01-31 00:23)

Posted by Ikuyo Karashima at 01:58 | Comments(0) | 講演会
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
 

削除
ポン太クラブさんの勉強会に参加してきました
    コメント(0)